メンズ

簿記2級を独学で学ぶ秘策|将来強みになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

志望大学に合格するために

勉強

通信教育で受験対策をすると、塾や予備校がない地方の人でも問題なく受験に関する情報を集められます。また、通信教育を受ける時には自分の得意・不得意や、志望大学が課している科目などを踏まえながらどの講座を受講すべきか決めるといいです。

Read More

効率的に学ぶには

学生

資格を取得する場合には、適切な学習が必要となります。専門学校に通学すれば、効率的な勉強が可能です。忙しい人は、専門学校の通信講座を活用するといいでしょう。自分の空いている時間に学習することができます。

Read More

自分の力だけでも取得可能

電卓と書類

毎日の積み重ね

簿記の資格は、1級になれば講座や、セミナーに通う必要性が出てきますが、2級までであれば、独学での取得が十分可能な資格になります。ただ、試験範囲に関しては、広いので、短期で集中的に勉強をするよりも、ある程度長い期間に、日々の学習を習慣づけて取得を目指すほうが、最終的な時間や費用といった意味では、抑えることができます。簿記2級の資格は取得することにより、会計の知識が身に付き、企業においての、経理、会計、財務部門での仕事にスムーズに入っていけます。そのため、求人を見てみても、経理や会計の仕事は、簿記2級を取得している方という条件が付いている企業が多くみられます。ただ、資格を持っているだけではなく経験を積んでいることも条件になってくる企業も多くみられるので、取得したからそのまま職に付けるという資格でも無いのが現実です。

隙間時間を使う

簿記2級の独学での学習方法としては、机に向かって長時間できる人は、それでも良いのですが、社会人の方であったり、学生であっても他の勉強もしなくてはいけないという方であれば、なかなかまとまった時間を取ることは難しいです。そのため、それぞれの方の生活リズムにあった勉強法が必要になります。そこで、有効なのが、隙間時間を使った勉強法です。簿記2級は、法則を覚えてしまえば、後は、反復学習になります。そのため、独学での学習でも、講座に通っての学習方法であっても、やることはあまり変わらないので、通勤の時や就寝前、起床後など、わずかな時間を有効利用することで合格に向けた知識を身に付けることができます。そのため、逆に独学のほうが、自分の生活リズムに合わせることができるため、人によっては、取得に向けた学習としては、期間も短くすることができます。

AO入試や推薦入試対策

履歴書

AO入試などで合格するためには、質の高い志望理由書を作成することが大切です。そのためには添削指導を通信講座で受けるようにしましょう。講師が親身になってアドバイスしてくれます。また通信であれば時間に縛られずに学習することができます。

Read More